『はらいそ』細野晴臣&イエロー・マジック・バンド

 2005年。でも元々は1978年のアルバムで、これはデジタル・リマスター盤。
 こんな音楽が1970年代にしてすでにあったことが大きな驚き。今でも全然色褪せていない。このアルバムは『トロピカル・ダンディー』、『泰安洋行』に続くトロピカル三部作の最後を飾るものだとされている。でも前2者のアルバムは聴いていない。いきなり『はらいそ』を聴いて驚いている。もう最初の曲である『東京ラッシュ』から引き込まれてしまった。亀の子の元素模型の間を蛇が這っているかのような立体感(感想がおかしくなっている)。掛け合いのおもしろさ。なんだかすごい。アルバム全体を通して絶対ふざけているだろ、という音楽なのに、そのふざけ方がまたかっこいい。『ジャパニーズ・ルンバ』の「コンバンワ バンワ」、『フジヤマ・ママ』の「フジヤマ・ママ」が頭から離れない。と言いつつ好きな曲は『東京ラッシュ』、『四面道歌』、『はらいそ』だったりするけれど。『はらいそ』の最後に入っている「この次はモアベターよ」という台詞が、その後のYMOの結成につながっているというのもおもしろい。
 細野晴臣はやっぱり違う、と思わせる1枚。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。