『童唄』平安隆&ボブ・ブロッズマン

 1999年。『Warabi Uta』Takashi Hirayasu & Bob Brozman。
 沖縄の童唄(民謡)を二人が換骨奪胎してつくりあげたアルバム。竹富島で録音したらしい。平安隆の歌と三線、ボブ・ブロッズマンのギター。三線を使っているとはいえ、沖縄音楽のようには聞こえない。ときに激しく、ときにお茶目なギターがこのアルバムの雰囲気を決めている。私は沖縄のゆるくてのんびりとした温かみのある空気感が好きなのだが、このアルバムにはそれがない。いや、正確にはボブの弾くハワイアンのようなスライドギターは十分ゆるい。でもこれは沖縄ではない。新しい音楽といってもいいのかもしれない。チャンプルーしたというか。
 好きなのは『ちんぬくじゅうしい』、『ウーマクカマデー』くらいかな。同じ平安隆とギターの組み合わせなら、吉川忠英と組んだ『音遊(うとあし)び』の方がずっと好き。このアルバムはちょっとやり過ぎな気がする。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。