『Tigerlily』Natalie Merchant

 1995年。ナタリー・マーチャント。彼女が10,000 Maniacsを脱退して初めてつくったソロアルバム。
 彼女のことを初めて知ったのは、2010年のアルバム『Leave Your Sleep』私の記事)だった。幅広い音楽性がありながらも、抑制の利いた統一感のある素敵なアルバムだ。それがとても気に入ったので、初期の頃の彼女の音楽も聴きたくて購入してみた。当初ちょっと物足りない感じはしたものの、聴き込んでみるとやはりいい。フォークロック的な曲でまとまっていて、肩肘の張らない自然な歌声に癒やされる。売れた曲は『Wonder』や『Carnival』らしいのだが、私はそれらよりも静かで落ち着いた曲が気に入った。たとえば『The Letter』とか『Cowboy Romance』のような感じの。その他には、彼女の作曲とかそういうのとは全然関係ないけれど、『Where I Go』のギターによるオブリガートがツボにはまった。
 『Leave Your Sleep』の抜群の安定感にはかなわないと思うけれど、悪くないと思う。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。