『森の雫』森彦

 もりのしずく。
 札幌の円山にある『森彦本店』限定のコーヒー豆、「マタリモカブレンド」。「モカマタリ」というのがふつうだと思っていたのに、どうしてひっくり返しちゃったんだろう。今はこういう表記が一般的になったんだろうか。もうひとつ、「中深煎り」と書いてあるけれど、豆は表面に油が出そうになるくらい深く煎ってあるので、ほかの店では深煎りのレベルだと思う。
 なんだか文句ばっかりつけているようだけれど、このコーヒーは大好きです。味に立体感があって、舌に残る心地よい苦味がそのまま鼻に抜けていって、首から上全体でコーヒーを味わっている感じ。かつて発寒にあった『バニティービーンズ』というカフェで出されていたコーヒーを思い出す。
 『バニティービーンズ』は深煎りのコーヒーばかりを出す店で、大好きな店だったのだが、店舗自体がある事故に巻き込まれてしまって閉店に追い込まれてしまった。その後もコーヒー豆だけは同じ札幌市内のカフェで焙煎を続けていたらしいのだが、私にとってはちょっと不便な場所にあるカフェだったので行くこともなく、そのうち私の記憶からも消えてしまって、今ではそのカフェの名前も場所も思い出せない。

 とここまで書いてみたものの、やっぱりその店が気になって調べてみた。するとどうもそのカフェは札幌地下鉄西11丁目駅近くにある『Basic』(札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル地下1階) というカフェらしい。今度行ってみようか。

『森彦』

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。