『街場の文体論』内田 樹

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:

 ミシマ社。著者による神戸女学院大学での最後の講義「クリエイティブ・ライティング」14編をまとめたもの。
 「クリエイティブ・ライティング」とは何なのかよくわからないまま読み進め、ああ、この講義は「生成的な言葉とは何か」について色んな方面から検討しているんだな、とわかったのが最後から2講目。そして最終講義を読んでなるほどと思い、全部読み終わってから目次を眺めて、やっと腑に落ちた。これは壮大な文体論です。著者の思いが詰まっている。ただ私がついていけなかっただけ。
 個々の授業は間違いなくおもしろい。時折交じる断定口調に「?」を感じながらも、ぐいぐい引き込まれる。エクリチュール(彼によれば「集団的の社会的なふるまい方を規定する無意識的な縛り」のことらしいが、ちょっとわかりづらい概念だと思う)と階層社会についての議論などは、目から鱗が落ちる思いだった。村上春樹は世界中で訳されるのに吉本隆明はなぜほとんど翻訳されないのかだとか、宮崎駿は世界を見ていないだとか、興味深い話が随所に転がっている。
 著者もいうように、この講義全体をとおして、「響く言葉」「届く言葉」「身体に触れる言葉」とはどういうものかということについて論じている(私は最後の方になるまでそのことがわからなかったのだけれど)。そのうち「届く言葉」と「届かない言葉」の違いはどこにあるのか、ということに関して、著者の思いは強い。そしてその思いは読者である私の元にも届いてくる。
 この本は最終講義、つまり14講目とあとがきを先に読み、その後で最初からとおして読むといいのだと思う。そうすれば、一見「クリエイティブ・ライティング」と関係がなさそうな話も、実は根っこのところでしっかりとつながっているということがよくわかるのではないか。まあ、そんな読み方をしなくても、何も考えずにただ著者の話の流れに身を任せているだけで、十分におもしろいのであるが。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。