『Bedtime Story』Satoshi Gogo

 2013年。伍々慧。ギターソロアルバム。
 まず聴いてみて耳に残ったのは、カヴァー曲のアレンジのすばらしさ。ちょっとマリオチックで愉快で楽しいビートルズの『When I’m 64』。そしてしっとりと歌い上げた『Moon River』。ファンキーがかった『Autumn Leaves(枯葉)』。こんな素敵なアレンジはなかなかない。
 オリジナルももちろんいい。メロディセンスとアレンジセンスとギターの巧さが際立っている。これまではさわやかな感じの曲が多かったような気がするが、たとえば『Distace』や『Ticket to Starry Sky』、『つぼみ』のような味のあるバラードもいい。『雨の日はワルツを踊って』などは、伝統的なクラシカルミュージックのような貫禄すらある。さわやかな感じのものでは『風待ち』が好きだった。
 確かデビューは15、6歳の頃だったんじゃないだろうか。2005年の 『MELODY』というミニアルバムが最初だった。それから何枚かアルバムを出しているが、いつも気づいたときには「再入荷の見込みが立っていません」で、これは私にとって久々の2枚目の彼のアルバムだ。これからもフォローしていきたい。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。