『日本人のための日本語文法入門』原沢 伊都夫

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:

 講談社現代新書。
 おそらくはほとんどの日本人が、学校において国語文法(本書では学校文法といっている)を学んできた。でもこの本に書かれている日本語文法は、それとは異なるものだ。学校文法は古典文法の流れをくむもので、日本人のための文法であるのに対し、本書における日本語文法は例えば外国人など、日本語を学ぶ人のための文法なのだという。著者は決して学校文法を否定的にとらえているのではなく、ただ単に系統の違う文法なのだという言い方をしている。その外国人の学ぶ日本語文法の概略を、これまで学校文法しか学んでこなかった日本人のために解説したのが本書である。
 外国の人はこんな風に日本語を学んでいるのかと、ちょっと驚いた。学校での文法と全然違うではないか。よくいわれる「は」と「が」の違いがこんなにもわかりやすく説明されうるのだということは、今までまったく知らなかった。本書を読んで、この違いがようやく理解できた。そして、ふだん何気なく使っている「ローラさんは小泉さんに夫を殴られた」や「私は雨に降られた」という表現(間接受け身文)が欧米文にはない発想だということも初めて知った(間違ってるかもしれないけれど解説すると、「ローラさん」も「私」も主語に見えるけれど、直接的には「殴られ」てもいないし、「降られ」てもいない)。他にも、外国人学習者にとってわかりやすいところと間違えやすいところがいろいろと例示されていておもしろい。逆に間違えやすいところが、どうしてふつうの日本人が間違えないのかと不思議に思うほどだ。
 著者はこの日本語文法入門をとおして、日本語というものがいかに日本文化と関わり合っているのか、ということを教えてくれる。日本人の生活習慣、ものの考え方が日本語を規定したのか、それとも逆に日本語が日本人の生活習慣、ものの考え方を規定したのかはわからない。しかしそれらが密接に関わり合っている事実は厳としてあり、そしてそのことは日本語だけにいえることなのではなく、すべての言語に通ずることなのだ、ということも示唆しているように感じる。
 本書は「日本語文法」を学んだことのある人にとっては、もしかすると物足りなかったりもどかしかったりするのかもしれない。しかしそうでない日本人にとってはとても興味深く日本語の基本が書かれている本だと思う。私は本書を読んで、もっと日本語と丁寧に向き合って文章を書かなければならない、と感じた。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。