『めぐみ』栗原 恵

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:

 実業之日本社。著者はかつて全日本女子バレー代表を務めたこともあるバレーボール選手。
 少し前に、とある新聞で彼女の特集を数日間していたことがある。けがや病気についての記事で、たまたまそのときは彼女が取り上げられていた。もともと彼女のファンだったものの、この手の本に手を出すほどではなかったけれど、この記事がきっかけで手に取った。
 幼少の頃から5年ほど前までの著者本人のことが書かれている(発売が2008年なので)。本当に自分で書いたの?と思うほど文章がしっかりしていて、テンポよく最後まで読ませる。厳しい指導やけがのことなど、決していいことばかりではないけれど、彼女のバレーボールに対する姿勢や思いが伝わってくる。
 なにかを覚えるためにでもなく、深く物事を考えるためでもない、ただ純粋に楽しい読書をしたのは、随分と久しぶりのことである。たまにはこんな読書体験をした方がいいのかもしれないと、そんなことを思った。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。