『小林秀雄の恵み』橋本 治

 新潮文庫。
 小林秀雄の『本居宣長』を読んだ著者は感動し、「小林秀雄はいい人だ」と思った。そしてそれが彼にとっての「恵み」であった。『小林秀雄の恵み』とはつまりそういうことなのだが、実際読んでみるとその「恵み」が何であるのか実にわかりにくい。実のところ本書には、直接的にはあまりそういうことは書いていなくて、小林秀雄の『本居宣長』の難解さはこういうところにあるんじゃないかとか、小林秀雄は本居宣長のことをこういう理解の仕方をしているんだけれどそれはちょっと違うんじゃないかだとか、かなり批判めいた言葉をちりばめている。本書はタイトルズバリの本ではないのだ。読者は、著者が『本居宣長』を読み進めながら考えた色んなことを、いわば同時進行的に感じ取ることができるようになっていて、そうすることで著者にとっての「小林秀雄の恵み」が読者にも実感できるようになる。そう言いたいところだが、それを実感するのは実に難しい。だって読者は橋本治ではないのだから。
 著者は本書の目的を、「小林秀雄がいて、小林秀雄が読まれた時代の日本人の思考の形を知ること」とも書いている。本書は橋本治にとっての『本居宣長』の読み方を書いているわけでもあるが、そうだとしたらちょっと変わった読み方であるように思う。その時代の「日本人の思考の形を知る」ために橋本がしたことは、彼らが受け入れていた「小林秀雄」の著作『本居宣長』を読むということなのである。ちょっと回りくどくはないか。
 こうやって書くと、私はこの本にいちゃもんをつけているように思われるかもしれないが、実のところ本書はとても刺激的で、めちゃくちゃおもしろい。「小林秀雄の恵み」が何なのかはよくわからない。でもこの本を読むと「橋本治の恵み」なら感じる。だとすれば橋本治にとっての「小林秀雄の恵み」とは、私にとっての「橋本治の恵み」をシフトすればいいだけなのではないのか。
 ここまで私は本書の内容をほとんど述べてこなかった。本書の肝は、著者が『本居宣長』を読んで感じた思考の流れであるように感じるので、読者も実際に読みながらその流れに身を任せてしまえばいいと思うのだ。本居宣長は医者で学者で古事記を研究していて歌も詠む。墓は遺言にしたがって公的な墓と私的な墓がある。私的な墓には桜が植わってあって…。そんなことをここに書いてもしょうがない。実際に本書を手にとって橋本治の思考の流れにしたがっていると、なんだかわくわくしてくる。ダイナミックな日本の歴史の面白さすら感じられる。そして最後には、「小林秀雄の恵み」をほんのちょっぴり分けてもらえる。そんな本である。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。