『Loggins & Messina』Loggins & Messina

 1972年。ロギンス・アンド・メッシーナ。
 2ndらしい。私はよくわからないのだが。
 でもいいですね。ヒットした『Your Mama Don’t Dance』(ママはダンスを踊らない)などはやっぱり出色だと思うけど、それ以外もいい。さわやかに駆け抜けるような『Thinking of You』、アップテンポでちょっとひょうきんな味を魅せる『Holiday Hotel』、落ち着いた感じの『Golden Ribbons』『Till the Ends Meet』。なかでも心ときめいたのは『Whiskey』。あっさりしてるけど、こういうフォーキーなのは大好き。あと、『Angry Eyes』なんかもちょっと気になる。
 今後も適当にピックアップして、ロギンス・アンド・メッシーナを聴いてみようと思う。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。