『欧文組版』髙岡 昌生

 美術出版社。タイポグラフィの基本BOOK。副題『組版の基礎とマナー』。
 著者は嘉瑞工房という活版印刷屋さんをやっている人。欧文書体の基礎から始まり、欧文組版の実践に至るまで、丁寧に教えてくれる。欧文組版の基礎練習という章もあり、実際に手を動かして目で見て、よい組版というのがどういうものなのか体験できる。この練習は本当によくて、欧文を見る目が随分と養われた気がする。ただ読み流すのではなく実践するのが大事なのだと思う。
 表紙だけを見ると、いかめしくて気むずかしい感じがするけれど、中身は本当に欧文組版に対する優しさと愛情にあふれていて、内容がすーっと心に入ってくる。タイポグラフィに関する本はいろいろ読んだけれど、この本はとてもいい本だと思う。お薦め。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。