『O・MO・TE・NA・SHI』フラリーパッド

 2014年。fulare_pad。ウクレレとギターのデュオ。ウクレレはメロディを担当している。
 このアルバムは二人だけの演奏は少なくて、バンド形式のものが多い。シンプルな構成が好きな私としては、ちょっと音がいっぱい詰まりすぎてるかなという感じはする。
 でもいいです。二人とも作曲をするのだが、どちらもメロディメーカーなんだということを強く感じる。どの曲もとてもキャッチーで聴きやすい。カラッとしたウクレレの音を生かしたノリのいい曲もあれば、落ち着いた感じのしっとりと聴かせるバラード調の曲もある。これらはもちろんウクレレを中心とした音楽なのだけれど、なぜかハワイのイメージはまったくなくて、とても日本的な音楽だ。だからこそアルバム名は『O・MO・TE・NA・SHI』で行けるのだろう(個人的にはあまりにベタすぎるタイトルに引いてしまったのだけれど)。彼らのルーツが京都にあるということも納得できる。
 とても安定していて安心できるアルバム。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す