『モチーフで読む美術史』宮下 規久朗

 ちくま文庫。
 絵画作品のなかに何気なく描かれたように見える犬やウサギなどの動物、パンやチーズなどの食物、矢や天秤などの小物。これらはすべて何気なく描き加えられたのではなく、明確な意図を持って画面に加えられた。そんなモチーフにスポットを当てて絵画を読み解いているのが本書である。
 ひとつのモチーフについて見開きで説明し、ページをめくった見開きにはその説明の中で取り上げられた作品の図版が掲載されている。説明は簡潔明快で読みやすく、図版を探して迷子になることもない。実にストレスフリーな解説本である。こうした図像学を扱った本は西洋美術を取り上げることが多いように思うが、この本は西洋にとどまらず、日本を初めとする東洋の美術も多く扱っている。これらの知識があると、美術を観るときの印象も変わってくる。とてもわかりやすく、ためになる本。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す