『Fearless』Taylor Swift

 2008年。
 テイラー・スウィフトのアルバムは初めて購入した。アマゾンでも評価が高かったこのアルバムが初めてにはいいかなと思った。とてもキャッチーで耳に残りやすい曲ばかりで、素敵なアルバムだとは思う。彼女はカントリー・シンガーということで通っているけれど、ポップスという感じがした。まあ、ポップスはいろいろなジャンルを包含する言葉ではあるのだろうから、カントリーでもおかしくはないのだけれど。
 売れるのはよくわかる気がする。でも声がちょっと幼く感じられるので、私としてはもう少し大人びていた方がいい。自分が歳をとってしまったせいなのかもしれないけれど。
 正直なことをいうと、あまりに聴きやすくて少し物足りないのです。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。