『TYPOGRAPHY 05』

 グラフィック社。
 第1特集は「楽しく学ぶ文字入門」。和文書体と欧文書体の違いとか、書体の見分け方とか、きれいに見える組み方のコツとか、ちょっと気になる文字の世界への扉を開いてくれる。書体デザイナーにはどうやったらなれるのか、なんて話題もある。そんなに難しいことは書いてなくて、「見る」だけでわかるように書かれているので、これまでタイポグラフィに触れてなかった人でもすんなり入っていける。見開きページごとに違う書体で組まれていて、この特集自体が組み見本になっているのがおもしろい。
 第2特集は「文字をめぐる旅」として、ベルリンやロンドンなどの美術館やショップなどを紹介している。海外に行く予定はないなあ。
 ほかにおもしろかったのは、ソニーのコーポレートフォント「SST Font」についての記事とか、連載ものの「欧文書体のつくりかた Vol.05 FF Clifford徹底解剖」。特に後者はお薦め。
 余談だけれど、「文字っ子度テスト」というのがあって、私は文字っ子ではないとの判定だった。設問がすごくマニアック。私はそこまで文字好きにはなれないなと思った。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。