『パナマ・ママ・カタ・ゲイシャ/ナチュラル』横井珈琲

 Panama Mama Cata Geisha/Natural。パナマにあるママ・カタ農園のゲイシャ種のコーヒーで、ナチュラル・プロセスで乾燥させたもの。
 ちょっと値の張る豆だったのだけれど、メニューの中で燦然と輝いていて目に飛び込んできたので、何の気なしについ購入。そして淹れてみて、匂いをかいで、あっと思った。飲んでみてさらに確信した。この「ナチュラル」ってコーヒーの果実を生豆にするときの方法が「ナチュラル」ってことなんだと。メニューには書いてあったのかもしれないけれど、飲むまで気づかなかった。
 「ナチュラル・プロセス」とは、コーヒーの果実の果肉を取らないで、そのまま乾燥させる方法のことだ。生臭いと言っては失礼かもしれないけれど、独特の味と香りがする。熟しすぎた南国のフルーツの香りといえば近いだろうか。やわらかくてフルーティで、この独特の感じが好きな人は、はまってしまうかもしれない。もしかすると誰かに「コーヒー」と言わないで飲んでもらったら、これがコーヒーだとは思わないかもしれない。そんなちょっと異次元のコーヒー。好みは結構はっきりと分かれると思う。

工房 横井珈琲』札幌市西区発寒9条11丁目2-11(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。