『エチオピア・ネキセ(2014)』横井珈琲

 Ethiopia Nekisse。「ネキセ」という名前は、農園の名前でも地域の名前でもないのだそうだ。アメリカのナインティ・プラス社が定めた、コーヒーの風味、特性、味のプロファイルからつけられた名前だという。初めてネキソが作られた「シャキソ」地域からのネクター「Nectar from Shakisso」という意味の造語だそうだ。ブレンドにつけられた名前という感覚として捉えていいのだろうか。たぶん今後は、「ネキセ」といえばいつもこの味が楽しめるということなのだろう。
 ナチュラル・プロセスっぽい味がする。ネクタリンと言われればそんな気もする。アテモヤとかマンゴスチンが熟した感じの風味がある。それにちょっと甘いチョコみたいな味を添えた感じ。
 私がナチュラルっぽい味が何となくでもわかるようになったのは、実はここ1、2年のことで、それまではそんなに意識したことがなかった。どちらかといえば苦手な方なのだが、ちょっとこの感じがあるとコーヒーの風味がより豊かになるような気はする。このコーヒーも、苦味があまりなく、フルーツっぽい風味の漂うコーヒーです。
工房 横井珈琲』札幌市西区発寒9条11丁目2-11(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。