『TYPOGRAPHY 06』

 グラフィック社のデザインジャーナル。『タイポグラフィ 06』。
 今回の特集は「デザイナーなら知っておきたい最新フォント150」。2013~2014年に出された欧文フォント70種と、和文フォント80種を紹介している。個人的には欧文フォントの方が見ていて楽しかった。力強いスクリプトである「Haltrix」や、手書きの味のある「Charcuterie」「Adorn」などが好きだった。
 「新書体ができるまで」として、アドビとグーグルが共同開発した「Source Han Sans(日本語書体名:源ノ角ゴシック)」 、コントラストという概念を取り入れた「TP明朝」の紹介もしている。
 他には、モノタイプ社のタイポグラフィイベント「Type&」や、国際タイポグラフィ協会の第58回カンファレンス「ATypeI」のレポートが楽しかった。
 でも、全体的には「あっ」と驚く楽しい記事はあまりなかったように感じる。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。