『Undercurrent』Bill Evans & Jim Hall

 1962年録音。ビル・エヴァンスのピアノとジム・ホールのギターだけのアルバム。
 ピアノとギターの掛け合いと言うと、ちょっと軽すぎる言い方のような気がする。ジャズ風に言うとインタープレイか。2つの楽器が重なり合って溶け合って。
 派手さが全然ないので、ただ聞き流していると良さがわからないのではないかと思う。私も初め、わりと長い間かけ流していたのだが、ちっともいいアルバムのようには感じなかった。物足りないというか退屈というか。でもちょっと音量を大きくしてきちんと聴くようにしたらどうだろう。2人とも自由に弾いているようで、息がぴったりと合っていて、深さを感じる。『My Funny Valentine』なんてすごいと思う。
 BGMとしてじゃなく、ちゃんと聴かなきゃならないアルバム。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。