『至上の愛』John Coltrane

 1964年録音。『A Love Supreme』。ジョン・コルトレーンのテナーサックスにマッコイ・タイナー(McCoy Tyner)のピアノ、ジミー・ギャリソン(Jimmy Garrison)のベース、そしてドラムスがエルヴィン・ジョーンズ(Elvin Jones)。
 重たいジャズだなと思った。「至上の愛」とはこんなに重たいものなのだろうか。私なら押しつぶされてしまいそうだ。サックスだけじゃなくて、すべてのパートがみんな同じ方向を向いている。短いモチーフが繰り返される。決してメロディアスとは言えないその旋律が耳の奥にしっかりと残る。名盤たる所以か。でもずっとエンドレスでかけ流しておくのはちょっとつらい。存在感がありすぎる。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。