『Des’e My Blues』内田 勘太郎

 2014年。『ディーズ マイ ブルース』。
 「Des’e my blues」は黒人の古いスラングで、「This is my blues」ということらしい。つまりこのアルバムは内田のブルースが詰まったアルバムだということである。そしてすべてがギターだけで奏でられている。愛用のChaki P-1やK.Yairiのギターを使ってのプレイである。ボトルネックや指弾きでの、いなたいギターの音色が格別だ。ブルースっぽくない曲がぽこんと入るのも、いい息抜きになる。久しぶりにこういうアルバムを聴いたけれど、やっぱりブルースもいいな。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。