『Modern Art』Art Pepper Quartet

 1956、1957年録音。アート・ペッパー(as)、ラス・フリーマン(Russ Freeman, p)、ベン・タッカー(Ben Tucker, b)、チャック・フローレス(Chuck Flores, ds)。
 ときにしとやかに、ときに颯爽と流れるように奏でられるアルトサックスの音色。曲によって音色も違えば雰囲気も違う8曲が収録されているのに、どれも自然にすんなりと耳に入ってきて心地よい。ラス・フリーマンのピアノがまたいい息抜きになっていて、全体をサポートするベン・タッカーのウォーキングベースもはまっている。とても聴きやすいジャズなのに、どこかそれだけにとどまらないところも感じさせる。大好きなアルバムです。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。