『こんにちは、はじまり。』空気公団

 2015年。
 聴き始めの頃は、2、3の苦手な曲ばかりが耳について好きになれなかった。でも何度か聴いているとそれらの曲もあまり気にならなくなってきて、そのほかの曲はわりと好きなことに気がついた。フォーキーな感じというか小田和正的な雰囲気もちょっとある『連続』とか『毎日が過ぎても』なんていうのは本当に好きで、『苦い珈琲の言い分』とか『新しい窓』などもいい。空気公団の作る曲の歌詞は情報量がとても少ないように感じるのだけれど、その少ない情報量の中に含みもつ余韻というか拡がりというかそんな空気感はとても大きくて、気がつくとその空間の中に身をゆだねている自分がいる。しつこすぎない伴奏やメロディ、そして山崎ゆかりの声もまたそういった雰囲気をつくっているパーツのひとつなんだろうなと思う。
 それにしてもこのジャケットのデザインはどうしてこんなになってしまったんだろう。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。