『哲学マップ』貫 成人

 ちくま新書。
 携帯版の哲学史みたいな本である。ただふつうの哲学史とちょっと違うのは、哲学の問いを4つのカテゴリーに分けて、少しでも系統立てるように解説している点なのではないかと思う。その4つとは、1.「~とは何か」(プラトン)、2.「わたしとは誰か、なにを知りうるのか」(デカルト)、3.問い1×2、4.「なぜそれを問うのか」(ニーチェ)である。本書にはとても多くの哲学者が登場するが、彼らが今挙げた4つの図式とどういう関係にあるのか関連づけられているので、読者はあまり迷子にはならずにすむ。
 とはいえ「哲学マップ」というタイトルを掲げているわりには、それぞれの哲学的思考の平面的拡がりと位置関係がはっきりとは認識されづらく、私の頭の中には地図は形成されなかった(マップらしき図表はいくつも掲載されてはいるのだが)。また、ひとりの哲学者にさける文章量が少なくならざるを得ないせいか、論理展開が速く唐突感が否めず、正直なところ私にはついていけないところが多かった。つまり私には難しかったということである。
 他の哲学書を読んで感じていた哲学者の思想と、この本で解説している内容にズレを感じるところもかなりあって、たぶんそれは私の理解がおかしかったということなんだと思うのだけれど、そこのところは違和感があった。まだまだ勉強が足りないということなんだろうと思う。これだけの内容を新書に詰め込むのは無理があるとも感じたけれど、今後哲学書を読んでいて迷子になりそうになったら、そのときにもう一度本書を開いてみようかなとは思った。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。