『やさしいR入門』赤間 世紀

 カットシステム。副題『初歩から学ぶR―統計分析―』。
 「R」はコンピュータで統計分析をすることのできる統計ツールであり、R言語のことを指すこともある。本書は、そのRを使って、基本統計量、推定と検定、単回帰分析、重回帰分析、時系列分析といった確率と統計の基礎を学ぶことを目的としている。
 Rについては、その導入方法、R Console、R Editorの使い方、R言語の説明がひととおり載っているので、 使い方に迷うことはない。しかしながら統計分析についての解説は、いかにも教科書的という感じで、決してやさしくはない。それぞれの統計分析の内容について、式の導出から解析手法まで丁寧に数学的に説明されているので、数式をきちんと追える人にとってはそう難しくはないのかもしれない。でも数学的表現に慣れていないと、なんのこっちゃとなりかねない。かくいう私も、行列の固有値だとか固有ベクトル、Γ(ガンマ)関数なんてものはほとんど頭の隅に追いやられていたので、ネットで調べながら本を読むという感じになってしまい、重回帰分析、時系列分析の式の導出については半分訳もわからず読んでいた部分がある。
 本書は決してRを使いこなすための本なのではなく、Rの基本的な機能を解説するための教科書的入門書なのだと思う。実践的ではないし、数式の羅列でくらくらしてくるけれど、統計分析に手を染める前には一度は通らなければならない道なのかなとは思う。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。