『思いどおりに作詞ができる本』田口 俊

 リットーミュージック。副題『リスナーの心をつかむ歌作りの実践テクニック』。
 歌詞というのは文学なのではなく、音楽なのだという。そして音楽には感性の部分と理論の部分があるけれど、この本では主に理論の部分を書いていますよ、と言っている。
 作詞の基礎のところで、いきなり「自分の気持ちを書いてはいけない」とあり、目から鱗が落ちた。また、歌詞はAメロ、Bメロ、サビのどこから作ればいいのか。言葉はどうやって選べばいいのか。詞を書くときは誰の視点で書けばよいのか、などのQ&A的なものも多く載っていて、とても役に立つ。論理的でわかりやすい説明で、腑に落ちる。歌詞というものを、こんな風にシステマティックに書いていけるものだとは知らなかった。これなら初心者でも書けるかもしれない。すばらしい作品になるかどうかはその人の感性次第なのかもしれないけれど、この本に書いてあることを実践するだけで、きちんとした歌詞にはなる。そんな気がした。初心者にはとてもいい本だと思う。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。

コメントを残す