『Travels』Jake Shimabukuro

 2015年。ジェイク・シマブクロ。
 ウクレレを持って世界を旅してきたジェイクが、その旅をテーマに2年ぶりのオリジナル・アルバムをリリースした。ロック、フォーク、伝統音楽、クラシックなどいろいろな音楽に影響を受けて、バラエティに富んだアルバムになっている。
 個人的に好きだったのは、ウクレレ1本で奏でたトラディショナルの『Hi’ilawe(ヒイラヴェ)』、ウキウキな『Passport』、メロディがよく響いてきれいな『Oama』、ウクレレ1本でここまでやれるんだという感じの『I’ll Be There』、緩急があって雰囲気のよい『Dinner & a Movie』など。ほかにも、ブラザーズ・フォアみたいで懐かしい感じのする歌もの『Everything Is Better With You』とか、バッハ風の『Interlude I』、 ロックテイストの強い『Low Rider』、セルフカヴァーの『一期一会』、日本盤ボーナストラックの『涙そうそう』など、おもしろい曲が揃っている。
 いろんなタイプの曲が交ざっているのに、ウクレレの音という共通点があるせいか統一感があって、バランスのいいアルバムになっている。1時間以上収録されているけれど、飽きさせない。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。