『atelier II』AOKI, hayato

 2011年。
 画家である藤川孝之の「紙の仕事」展でのライヴ録音。ナイロンギター1本で静かに奏でられた和音とメロディは、聴くものの心を落ち着かせる。きれいな音で録られているのでスタジオ録音かと思ってしまうほどだが、時折混じるアトリエの外を走る車の音や人のざわめきがライヴだということを思い出させる。ふだん音がぎしぎしに詰め込まれた音楽ばかりを聴いていると、このような音と音との間に空間を感じさせるアルバムはとても新鮮に感じる。ゆったりとした気分になれる。
 残念なことにこのアルバムはamazonでは取り扱われていないので、CDジャケットは掲載できなかった(著作者の許可を得た場合やアフィリエイトなどの商品の販売目的じゃないと、著作権法上CDジャケットや本の表紙をブログにアップできないのです)。オンラインのCDショップである『雨と休日』では彼のアルバムを多く取り扱っているので、そこで検索してみるといいかもしれない。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。