『Welcom to Jupiter』矢野 顕子

 2015年。
 音がすごくいい。音の良さだけでも楽しくなる。前作『飛ばしていくよ』私の記事)に続く、矢野がプロデュースするテクノポップス「オトナテクノ」第2弾。ただ、聴き慣れたせいか前作ほどのワクワク感はなかった。『Tong Poo』、『モスラの歌』、『悲しくてやりきれない』、『PRAYER』などのカヴァー曲(セルフカヴァーを含む)が半数近くを占める。『大丈夫です』は昔からの矢野らしく、聴きやすかった。好きだった曲はちょっとジャズっぽい雰囲気もある『わたしとどうぶつと』。ほかに『Welcom to Jupitar』はバックが独特で楽しい。
 初回限定盤はピアノとテクノトラックのみで再ミックスしたCDがもう1枚つく。カラオケみたいといえばいいだろうか。素敵なインストゥルメンタルになっている。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。