『Blowin’ the Blues Away』Horace Silver

 1959年録音。ホレス・シルバー(ピアノ)。Blue Mitchell (trumpet), Junior Cook (tenor sax), Gene Taylor (bass), Louis Hayes (drums)。
 こういうタイプのジャズをハードバップというらしい。でもこのアルバムにはノリノリのもあるし穏やかなものもある。どっちもハードバップなのかしら、とジャズのことをよく知らない私は思ったりもする。だけどそんなジャンルなんてどうでもいいじゃない、聴いていて楽しければ、と思う。
 そしてこのアルバム、なかなかいい。賑やかながらバランスがとてもいい『Sister Sadie』が一番好きだけれど、トランペットが印象的なバラード気味の『Peace』、これまた賑やかな表題曲『Blowin’ the Blues Away』、抑制的な演奏がとても素敵な『Melancholy Mood』なども結構好き。いいと思う。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。