『ウクレレ・ソロ・アレンジ入門』KYAS

 ドレミ楽譜出版社。ローリングココナッツ編。副題『コードのつけ方からアドリブの基礎までやさしくステップ・アップ!』
 好きな歌とかかっこいい曲とかをウクレレ・ソロにして弾いてみたいと思ったことのある人はいるだろう。その中には、そうは思ってもどうやったらウクレレ・ソロになるのかわからなくて、諦めてしまっている人もいることだろう。この本は、そんな人たちが自分でアレンジしてウクレレ・ソロを弾けるようになるための第一歩を踏み出すことができるよう、背中を押してくれる本である。
 コードの仕組みや指板上でのコードのつくり方、メロディにコードをつけるやり方とか、イントロ、アウトロを作るコツなどをものすごく親切に解説している。そして、実践編としてハワイアン風、ジャカソロ風、ジャズ風にアレンジしたり、アドリブにチャレンジしたりと、発展させている。
 前半はとてもわかりやすいのだが、後半はちょっと説明を飛ばしている感もあって、急に難易度が上がった印象はある。基本的に入門なので、ほとんど難しいことは言っていないが、逆に難しい説明が必要なところは飛ばしているということなのかもしれない。
 いつもメロディ譜とコードを見ながら適当にやっていたことを、あらためてきちんと基礎づけてくれた感じがする。なかなか一歩を踏み出せない人には、とてもいい本だと思う。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。