『子猫のロンド』近藤 研二

 2015年。
 近藤は昨年(2015年)春に栗コーダーカルテットを脱退したばかりで、これが初のソロアルバムになる。栗コーダーカルテットのメンバーの名前は彼しか知らなかったから、ちょっとさびしい感じもしていた。
 そしてこのアルバム、ギターソロとウクレレソロのみからなっているミニマムな構成で、とってもかわいいアルバムだ。メロディが聴きやすく、アレンジもいい。カントリーっぽいのもあれば、クラシックっぽいのもある。ギターはスティールギターとガットギターを使っている。すべて指弾きだけれど、雰囲気をうまく使い分けていて飽きさせない。どの曲もオリジナルとは思えない昔からあるような感じで、抜群の安定感がある。『おじいさんの11ヶ月』、『toi toi toi』、『つみきのいえ』は、もしかするとどこかで聞いたことがある人もいるかもしれない。
 ただひとつ、録音のせいか音がちょっとこもった感じがするのが残念。音質がもうちょっとよかったら最高だったのに。でもとても好きなアルバムです。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。