『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』森アーツセンターギャラリー

 2016年1月14日~3月31日。
 17世紀のオランダ絵画の中でも特に風俗画はとても好きなジャンルで、しかも今回はフェルメールの『水差しを持つ女』が展示されるということで、行かないわけにはいかないと思った。この絵はそんなに大きな絵ではないけれど、その微妙な光や静かさ(ちょっと風のささやきが聞こえてきそうな静けさ)の表現が見事で、まわりの空間をも飲み込むようだった。決して写真のようではないのだけれど、その存在感はすごかった。それと双璧をなすように飾られていたのが、レンブラントの『ベローナ』だ。これは大きな作品で、すぐ近くで見るとさっと描いたようなのに、少し離れるととても真に迫っていて、圧倒的な存在感を誇っていた。フェルメールとレンブラントに関してはそれぞれこの1枚のみの展示だったが、ほかにも見所はあった。
 風俗画では、ピーテル・デ・ホーホの『女性と召使いのいる中庭』がとてもよかった。テル・ボルフの『好奇心』も目を引いた。ライスダールの風景画には抜群の安定感があった。サーンレダムらの建築画というジャンルは、これまであまり注目したことがなかったので、おもしろいと思った。とても精緻な静物画もあった。この頃の静物画はいかに本物そっくりに描くかという努力があったらしいが、リアルだけれど写真のようではないというところが興味深かった。肖像画では、やはりフランス・ハルスのものがいい。モデルの性格までも絵の中に表現してしまう力量には恐れ入った。
 とても見所の多い展覧会である。

森アーツセンターギャラリー』東京都港区六本木6-10-1森タワー52階

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。