『美術館の舞台裏』高橋 明也

 ちくま新書。副題『魅せる展覧会を作るには』。
 著者は三菱一号館美術館の初代館長(今も)で、オルセー美術館の立ち上げに関わったり、国立西洋美術館で働いていたこともある人。そんな彼が、豊富な経験を元に美術館の舞台裏を明かしてくれる。
 美術館のルーツ、学芸員のしている仕事、独特な日本の展覧会事情、展覧会づくりの裏側、美術作品を守るためにしていること、これからの美術館等々。美術品の値段の決まり方みたいな話もある。いろいろな切り口から美術館の仕事について触れていて、とてもおもしろい。ただ、新書という制約からかあまり深いところまでは切り込んでいないので、ああ、その話もっと聞きたい、と思うことが多々あった。特にこれからの美術や美術館のあり方について触れている章では、駆け足感が否めなかった。
 それにしても学芸員のしている仕事がこんなにも大変だとは知らなかったのでびっくりした。最近美術展のはしごをしたりしていたのに、また行きたくなってしまった。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。