『化学反応はなぜおこるか』上野 景平

 講談社ブルーバックス。副題『授業ではわからなかった化学の基礎』。
 化学のホントにとっかかりの部分、元素とか原子、分子の説明から入っているので、学校で化学がよくわからなかった人でもすんなりと読み進めることができると思う。ものが燃えるっていうのはどういうことなんだろうかとか、燃えやすいもの燃えにくいものの差は何なのか、使い捨てカイロの話、木が育つことと朽ちることの違いは何か、酵素や触媒の役割など、興味深い話を丁寧に教えてくれる。化学反応式もでてくるし、エントロピーとかラジカルだとかいう難しい言葉もでてくる。でももしさっと読んでもわからなかったら読み飛ばせばいいだけの話だし、そこがわからなくても化学反応がどうして起こるのかはなんとなく雰囲気はつかめる。化学入門の本だと思えば、十分その役割は果たしていると思う。
 欲をいえば、本書でちらっと触れられているだけのエントロピーやエンタルピー、自由エネルギーの話を、この本で書かれている内容くらいに易しく、多くのページを割いて説明してくれていたらうれしかったなと思う。それだけで本を一冊書いてくれないんだろうか。そうしてくれたら、もっと化学反応について深く理解することができるだろうに。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。