『数学ロングトレイル 「大学への数学」に挑戦』山下 光雄

 講談社ブルーバックス。副題『じっくり着実に理解を深める』。
 もう何十年も手にしていないが、『大学への数学』という雑誌がある。本書はそこに掲載されていた内容をまとめたものである。数学的帰納法、整数論、フィボナッチの数列、相加平均と相乗平均、ベクトル、行列、複素数、カタラン数……。
 一応高校生向けの内容なのだが、結構難しい。教科書的な内容は一通り理解していることを前提として、受験問題などを元に数学についてもっと掘り下げた議論をしている。ああ、そういえば帰納法ってこういうのだったよなあとか、漸化式ってこうやって解いていたなとか、固有ベクトルなんてすっかり忘れていたなとか、昔を懐かしみながら読んだ。ほとんどの例題は解けない。以前は解けていたはずなのにとショックを感じる。解説を読むと、だいたいはわかる。でもたまについていけないところもある。うーん、ヒトって忘れる生き物なんだな、としみじみ思う。
 内容はなかなか本質的なところをついていて、おもしろい。私は電車の中で読んだりしていたけれど、本当なら落書き帳と鉛筆を用意してしっかり取り組むといいのだと思う。数学が好きで、大学受験勉強を追体験したい人は是非。あ、もちろん数学に興味のある高校生にも。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。