『絵本をつくりたい人へ』土井 章史

  • Post author:
  • Post category:

 玄光社MOOK。
 これまで漠然と絵本づくりに憧れを抱いていたけれど、実際にどうやってつくればいいのか勉強したことがなかった。 そんなときに店頭でこの本を見かけ、おもしろそうだったので読んでみた。
 まず、いろいろな絵本が例としてあげられていて純粋に楽しい。「絵本ってなんだろう?」から始まって、本の大きさや製本の話など基本的な事柄が載っていて、そのあと実際の絵本づくりについて絵本の内容やラフや本描きの仕方などが書かれている。荒井良二、酒井駒子、島田ゆかなどといった絵本作家へのインタビューもおもしろい。出版社への持ち込みや公募展への応募についても書かれていて、実践的だ。
 全体を通して感じたのは、絵本をつくるのはこんなに大変なんだ、片手間でつくるなんてなめた態度じゃダメなんだ、ということだった。でもこの本を読んでいるとわくわくしてくる。絵本づくりに正しい方法論なんてない、と著者は書いているけれど、この本は間違いなく絵本づくりへの第一歩を踏み出させてくれる。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。