『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 』国立新美術館

 2016年4月27日~8月22日。
 言わずと知れた印象派の巨匠、オーギュスト・ルノワール。でも初期の頃は意外に古典的なきっちりした絵を描いていたのを知った。そして光に満ちた印象派時代を経て、また古典の精神に戻っていく。戻っていくと言ってもそれは単に回帰するというのではなくて、昇華するといった方が適切かもしれないけれど。
 教科書に載っているような有名な絵がたくさんきている。『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』、『陽光の中の裸婦<エチュード、トルソ、光の効果>』、『ぶらんこ』、『ピアノを弾く少女たち』、『浴女たち』、『ジュリー・マネ』(あるいは『猫を抱く子ども』)等々。なかなかこんなにまとまった作品群を観られる機会はそうはないように思う。個人的には『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』がもともと好きな作品だったので、目の前で観られてよかった。また、ジュリーマネの日記を以前読んだことがあったので、親しみがわいた。
 それにしても木漏れ日をこのように大胆に表現した画家はそれまでいなかったのではないか。人物に落ちたその光を、腐った肉のようだと酷評されたというのがそのことを裏付けている。光と色彩があふれる展覧会だ。
 ただし、異常なほど混んでいる。4、5列に折り重なった観客の後ろからしか観られない作品がほとんどだったし、グッズ販売を楽しむ余裕もなかった。ゆっくり鑑賞するにはパリまで足を運ばなければならないのかもしれない。疲れすぎて、当美術館で開催していたもうひとつの美術展に行く力は残っていなかった。

国立新美術館』東京都港区六本木7-22-2

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。