『暇と退屈の倫理学』國分 功一郎

 太田出版。増補新版。
 暇と退屈について論じてきた様々な哲学者らを参照しつつ、特にハイデガーの退屈についての議論を批判的に読み解き発展させ、著者独自の暇と退屈の倫理学を作り上げている。暇とは、退屈とはどういった状況を表すのかそれほど深く考えてきたことのなかった私にとっては、示唆に富む論点が多かった。
 しかしながら、過去の哲学者や思想家をこき下ろすような記述や、根拠のはっきりしない断定口調、論理性の欠如など、読んでいて不快に思うこともまた多かった。読みようによってはおもしろい本だけれど、著者の姿勢みたいなものにどうしても馴染めなかった。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。