『hue』江藤 有希

 2016年。
 コーコーヤに所属するヴァイオリニスト、江藤有希による初ソロアルバム。ショーロクラブ、コーコーヤのギタリスト、笹子重治のほか、チェロやピアノ、パーカッションなども入る。
 伸びやかながらも切れのあるヴァイオリンの音が耳に残る。メロディ・メーカーなんだと思う。アルバムを聴き終わったあとも、ずっと印象的なメロディが頭の中で舞い続ける。全体的なイメージはノリがいい南米の音楽、という感じだけれど、かわいらしい曲やバラードも割合多く収録されている。ギターとヴァイオリン、ピアノとヴァイオリンといった、シンプルな構成のものが私にはよかった。どちらかというとヴァイオリンの音は苦手な分野だったのだけれど、意外といいものだな、と思った。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。