『My Funny Valentine』Miles Davis

 1964年にリンカーンセンターで行われたコンサートの一部を収めている。同時に録音、リリースされた『Four and More』と対になるアルバムで、『Four and More』では割と激しめの曲が、そして本アルバムではスタンダード曲を中心としたおとなしめの曲が収録されている。マイルス・デイヴィスはもちろんトランペットで、テナーサックスにジョージ・コールマン(George Coleman)、ピアノにハービー・ハンコック(Herbie Hancock)、ベースがロン・カーター(Ron Carter)、ドラムスがトニー・ウィリアムズ(Tony Williams)という構成になっている。このころのマイルスの音楽は、フリー・ブローイング時代と呼ばれるらしい。
 大分前に購入してCD用の棚に置いてあったのを久しぶりに取り出して聴いてみたら、すごくよかった。こんなに素敵なアルバムだったっけ、という感じ。もしかするとこの時代のマイルス・デイヴィスが一番好きなのかもしれないなと思った。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。