『若き芸術家たちへ』佐藤忠良、安野光雅

 中公文庫。副題『ねがいは「普通」』。
 彫刻家・佐藤忠良と画家・安野光雅による3回の対談をまとめたもの。それぞれの幼少期から今までの生活や出会いの話や、芸術についての話など、ざっくばらんに語られる。自然から学ぶ大切さ、実物をよく観察して書くことの大切さ、奇をてらう必要なんてないことなど、とても大事なことが書かれていると思う。写真についてやスーパーリアリズムについての考え方に対して、それは古い、と思う人がいるかもしれないけれど、私はなるほどと腑に落ちた。最近の私は絵を描くときに考えすぎてしまって袋小路に陥ることが多いのだが、周りに振り回されずに原点に立ち返って絵を描く大切さを教えられたような気がする。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。