『ボリビア・アグロ・タケシ・カトゥアイ【深煎】(2016)』横井珈琲

 Bolivia Agro Takesi Catuai。ボリビアのアグロ・タケシ農園。農園が高地にあり熟成に時間がかかるので、独特の風味を醸し出しているという。カトゥアイは品種で、カトゥーラ種とムンドノーボ種を掛け合わせたもの。
 横井珈琲がシングルオリジンのコーヒーを深煎りにするのって珍しいと思う(私がたまたまこれまで購入していなかっただけかもしれないけれど)。深煎りなだけあって、この珈琲は苦い。鋭い苦味がまず舌に感じられ、そのあと、熟したバナナみたいな風味がほんのちょっぴり余韻として残る。平坦な味ではなくて、コクもあって立体感がある。でも1ヶ月ちょっと前に飲んだ、同じコーヒー豆(ボリビア・アグロ・タケシ・カトゥアイ)の中煎りの方が華やかな感じがして好きかも(私の記事)。

工房 横井珈琲』札幌市西区発寒9条11丁目2-11(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。