『KTRxGTR』押尾コータロー

 2016年。
 押尾コータローらしさの詰まったアルバムだな、と思った。
 1人で弾いているとは思えないとデビュー当時よくいわれていた、メロディとバッキングを一緒に弾くタイプの曲(『Together!!!』とか『my best season』)。低音を激しく聴かせて勢いのある『蜃気楼』や『JOKER』みたいな曲。ウクレレみたいなかわいらしさのある『えんぴつと五線譜』、『茜色のブランコ』。『同級生~Innocent Days~』、『空と風のワルツ』のような渋いギターの音を生かしたバラード。澄んだギターの音色が心地よい『Moment』、『Birthday』。パーカッションとの絡みがばっちりはまった『BE UP!』。DEPAPEPEのギターにNAOTOのバイオリンと押尾のギターの息がぴったりと合ってる『Magical Beautiful Seasons』。Galileo Galileiの尾崎雄貴の歌とのコラボ『同級生』。
 バラエティに富んでいながらも、どれも押尾らしくメロディを大事にした演奏で、バランスが取れている。そして、録音がいいのか演奏がいいのか、どの曲も使用しているギターの音の違いがよくわかる。いいと思う。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。