『コスタリカ・ブルマス・ヴィジャサルチ(2016)』横井珈琲

 Costa Rica Brumas Del Zurqui Villa Sarchi。コスタリカのブルマス・デル・スルキという小規模生産処理場(マイクロミル)のエル・セントロ農園(El Centro)のコーヒー。ヴィジャサルチは品種名(ブルボン種がこの土地独自に変化した土着品種)。レッドハニープロセスの深煎り。
 深煎りのせいか、酸味はあまり感じられない。コスタリカは酸味、という私の勝手な観念は破棄しなければならないようだ。ビターチョコのような苦味が醸し出す刺激が、気分をしゃきっとさせてくれる。口の中に長く残るプラムのような余韻がいい。私好みのおいしいコーヒー。

工房 横井珈琲』札幌市西区発寒9条11丁目2-11(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。