『アニメーターが教えるキャラ描画の基本法則』toshi

 エムディエヌコーポレーション。
 私の描く人物はどうにも動きが硬くて、画面全体もなんだかぎこちない雰囲気になってしまうきらいがある。それがこの本の中の人物は、実際に動いている途中の一部を切り取ったみたいなポーズをとっている(一部不自然なのもあるが)。あ、こんな人物を描きたい、と思って、(私の絵の分野とは違うけれど)手に取ってみた。人物を描くというと人物ポーズ集みたいなのに載っているポーズしか今まで思い浮かばなかったけれど、ふとしたしぐさや動きっていうのは、こんなにたくさんあるんだと思った。この本は基本的な人物デッサンについてはあまりきちんと書かれていないので、その点は他書に当たった方がいいと思うけれど、その次の段階としてはひとつの殻を破ってくれる本だと思う。ただ単に読むだけでなくて、実際に本に沿って手を動かしながら読み進めていくうちに、自分の絵も少しずつ動きがやわらかくなっていった。私にとっては役に立つ本だった。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。