『ブラジル・シチオ・ダ・ポンテ/ナチュラル(2016)』横井珈琲

 Brazil Sitio da Ponte。ブラジルのシチオ・ダ・ポンテ農園のコーヒー。ナチュラルは豆の処理方法。
 オレンジ、カシス、ナッツといった印象。やわらかい苦味と香り高い酸味のバランスがとれたコーヒー。ナチュラル・プロセスのコーヒーなんだけれど、ナチュラル独特のネチっこさみたいなのがなく、飲みやすい。だけどこの香りはナチュラルだからこそ出てきた香りなんだろうなと思う。バランスがとれたと書いたけれど、単に中性的な味というのではなくて、よいアンプとスピーカーからでてくる音楽のように、粒立ちのしっかりした立体的な印象を受ける。おいしいです。

工房 横井珈琲』札幌市西区発寒9条11丁目2-11(地図

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。