『オルセーのナビ派展』三菱一号館美術館

 2017年2月4日~5月21日。『美の預言者たちーささやきとざわめき』。
 「ナビ」とはヘブライ語で「預言者」のこと。19世紀末に活動していたボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジエ、ヴァロットンらからなる芸術家グループが、自分たちのことをこう呼んでいたのだという。この展覧会は、オルセー美術館が所蔵するナビ派のコレクションを展示したものである。
 日常的な情景などを、平坦な色面で表現した作品が多い。その色面は、そのままべったりとした面であったり、暗い輪郭線で囲まれたクロワゾニスムと呼ばれる手法であったり、印象派のような筆の跡を残した面であったりもするのだけれど、それらは従来の西洋画にあったような立体の表現法とは明らかに違っていて、というか従来の表現手法にはまったく興味がなかったのだろうと思われ、そこにナビ派の新しさみたいなものが表れているのだろうと思う。印象派のような光一辺倒とも違い、フォービスムのようなどぎつさ(力強さ)とも違い、どちらかといえばパステルカラーを主体としたそれらの絵は、彼らの表現したかった思想は別として、私には引き込まれる要素のたくさんある流派であると感じた。彼らの表現したかった思想というのは、たぶん象徴主義であったり神秘的な主題であったりするのかもしれないが、ナビ派についてあまり知らず、この展覧会で観るのがほぼ初めての経験だった私からすると、主題よりも先にまず見た目でしか語りようがないのは仕方がない。彼らの思想については今後の勉強課題としたい。
 私が比較的馴染んでいた画家はボナールやドニであるが、彼らよりも目を引いたのはヴァロットンの作品だった。色面の捉え方も好きだったし、白黒のモノトーンで表現された版画作品もとても好きだった。私にとっては、ヴァロットンの発見が何よりの収穫だった。

三菱一号館美術館』東京都千代田区丸の内2-6-2

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。