『数学と方法』野﨑 昭弘

 東京図書。副題『もっと数学が好きになるヒント』。
 本書は「数学の内容をしっかり理解」し、特に「まちがった思い込みを解消して、正しい認識に到達」し、できれば「数学を見直し、おもしろいところを発見する」ために参考になるようなことを目指して書かれている。数学書を読む心得として、数や論理についてや命題と論理演算、数学的帰納法などを取り上げたり、定義の意味を理解できるよう解説を試みたり、証明やパズルなどを紹介してくれたりしている。対象読者は「数学が好きではなく、どちらかというと苦手の人」を想定している。内容は高校数学から大学教養初歩レベルくらいだと思う。
 とはいえ、この本は思いっきり数学の本である(当たり前だが)。確かに丁寧には書かれているけれど、数学を苦手としている人にはちょっときつい内容だと思う。事実数学が苦手な私は、位相空間論は何を論ずるためのものなのかさっぱりわからなかったし、円周率πが超越数であることの証明は途中で投げ出してしまった。確かに初学者向けの内容もある。例えば分数の割り算をするときに、分子と分母をひっくり返してかけるのはなぜかという説明は、(くどいとは思うけれど)かなりかみ砕いて説明している。だけれど数学が苦手な人はεとかδとかψとかのギリシャ文字や、部分積分とか二重積分とかがほぼ説明なくいきなり出てこられても尻込みしてしまうと思うのだ。たぶんこの本は、数学が好きな人が基本に立ち返ったり、この証明はこうやって説明するとわかりやすくなるのか、と頷いたり、ちょっとした数学ネタにほくそ笑んだりするための本だと思う。数学が苦手な人にとっては簡単な本ではない。数学好きには楽しい本だと思うけれど。

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。