『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』岩本 武範

 サンマーク出版。
 タイトルを見た途端、あ、自分のことだ、と思ってしまった。確かにそうなのだ。1対1なら安心、3人でも大丈夫、なのに4人以上になると極端に口数が少なくなる。自分だけだと思っていたら意外とそういう人は多いのか。
 その原因を解き明かし、さらに苦手意識をなくし、4人以上の場でもきちんとしゃべれるように指南してくれるのがこの本。これまで著者が行ってきた3000億を超える人間の行動パターンの分析と、1000回以上行ってきた集団インタビューから得られたその答えは、なるほどと思えるものが多い。4人の場で目指すべきポジション、「3」と「4」の間にある壁、座る場所、話題、どんな風にしゃべるか、などなど。
 軽い読み物である。心当たりのある人は書店で覗いてみては?

shizukiaki

札幌で絵やイラストを描いています。音楽や読書も好きなので、ブログではいろいろなジャンルの投稿をしています。